意外なあの食品が妊活に効く!?妊娠力を高める食事まとめ

 

「そろそろ赤ちゃんが欲しいなぁ…」「妊活を続けているけれどなかなか妊娠しないな…」と思った方は妊娠力を高める食事を摂って、妊娠しやすい身体作りに取り組んでみましょう。

妊娠力を高めるためには定期的な運動や良質な睡眠ですが、一番気を付けたいことは食生活を見直すこと。

妊娠力を高める食事と妊娠力を下げる食事を見極めることも大切です。

そこで妊活中の皆様へ是非取り入れていただきたい、妊娠力を高める食事と食事方法をご紹介します。

妊娠力を高める食事のポイントはたった3つ。

1日3食栄養バランスのとれた食事適切な量を食べるということだけで、健康的な食事を摂ることで妊娠しやすい身体作りの基礎が出来上がるのです。

葉酸や亜鉛など、妊娠力を高めるサプリメントが販売されていますが、基本的には必要な栄養素は食事から摂取し、不足分を補うということが大切です。

 

〇完全栄養食品「卵」

妊娠力を高める食事の代表的なものとして卵が挙げられます。

卵というとコレステロールが高く、控えている方も多くいらっしゃいますが妊活中の方は1日2つ摂取することを心掛けてください。

卵は完全栄養食品と呼ばれ、良質なたんぱく質、黄身に含まれるコレステロールが女性ホルモンの分泌を促し、卵子の質を向上させる働きがあります。

鉄分や亜鉛なども豊富に含まれていますので、妊娠力アップに効果的な食材で、どこの家庭にも常備されている卵、調理もしやすいのでおすすめですよ。

 

〇冷え防止「根野菜」

「冷えは万病のもと」と言われますが、女性の大敵である冷え性は身体だけでなく内臓まで冷え、とくに子宮や卵巣の冷えを引き起こしてしまいます。

根野菜は身体を温める働きがある野菜ですので、1年を通じて積極的に摂取するようにしましょう。

蓮根、人参、牛蒡が代表格ですので、これらの食材を使ったきんぴらや煮しめなどは常備菜としても美味しくいただけます。

根野菜以外に寒い地方でとれる野菜にも身体を温める作用があるといわれていますので野菜を購入するときに、ちょっとひと手間ですが産地チェックをしてみましょう。

 

〇老化防止「トマト」

妊活を進めていく中で気になることといえば加齢…年齢と共に子宮・卵巣機能は低下し、卵子の質も低下していきます。

老化現象は身体の活性酸素によって起こされるため、卵子の質を防止し、妊娠力アップするには抗酸化作用の高い、老化防止効果のあるリコピンたっぷりのトマトを摂取することが大事です。

心がほっこり温まる妊娠力を高める食事をご紹介します。

 

〇トマトと根野菜のあったか卵スープ

トマト、お好みの根野菜類を細かく切り、さっと炒め、鶏ガラスープで煮込み、最後に溶き卵を回し入れます。

紹介した食材が一度に摂ることのできる心と身体が温まるスープですよ!

妊娠力を高める食事をご紹介しましたが、バランス良く栄養素を摂取するということを習慣づけましょう。

 

おすすめ記事 ↓ ↓ ↓

私のイチ押しはこれ!!妊娠力アップに効果的なおすすめサプリメント

 

 

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連記事はありません

Menu

HOME

TOP