妊活におすすめ!ハーブティーで妊娠力上げる方法

 

妊活におすすめの飲み物として妊娠力を上げる方法のひとつにハーブティーがあるのをご存知でしょうか?

現在100種類以上のハーブティーがあり、ハーブティーには、免疫力向上や不眠の改善、リラックス効果で愛飲されている方が多く、ハーブの種類を合わせて効果を得ることもできるので、効果は無限大で天然のくすりと呼ばれています。

ハーブティーの歴史は古く、薬効成分のある植物をハーブと呼びますが、ハーブを茶葉として使用し、体質や症状に合わせて数千年前から薬の代わりとして用いられてきました。

ハーブの種類によっては妊娠力を上げる働きに効果的なものもありますので、妊活をされている方にとって身近な妊活方法としておすすめされています。

妊活女性にとって最大の敵は冷えです。

冷え性は血行不順をもたらし、子宮や卵巣など妊活に大切な内臓の働きを低下させてしまい、免疫力低下、倦怠感や疲労、頭痛など自律神経にも症状が現れることがあります。

クリニックでも赤ちゃんを望むなら冷え症を改善しましょうと指導されますが、夏でも手足が冷たい、普段からひざ掛けが手放せないという方は多いのではないでしょうか。

 

冷えに悩む妊活女性におすすめのハーブティーはジンジャーティー

ジンジャーは、日本でも昔から生姜湯として親しまれてきましたが、血行促進、消化作用があり、体だけでなく内臓もポカポカ温めてくれ、生殖機能向上の作用があります。

胃腸を優しく温めてくれるので食欲のないときに冷たいジンジャーティーを飲むのもすっきりしておすすめです。

妊活をしていると周りの心ない言葉や、なかなか赤ちゃんができないもどかしさからイライラしてしまうことがありますよね。

ストレスは妊活には良くありません、心身にストレスがかかると、体内のビタミンが消費され、ビタミン不足になってしまいます。

疲れた時や睡眠不足、仕事で忙しいときなど肌荒れになったりするのもビタミン不足から生じます。

ビタミン不足により栄養バランスが崩れるとホルモンバランスが乱れ、基礎体温が安定せず、生理不順、子宮、卵巣機能の低下をもたらす原因となります。

 

 

 

ローズヒップティーには、ビタミン不足を補い、ホルモンバランスの安定を図る作用がありますので、妊活女性で愛飲されている方は多くいらっしゃいます。

ローズヒップティーにはビタミンCが豊富に含まれているほか、抗酸化作用のあるリコピン、カルシウム、鉄分が含まれています。

特に抗酸化作用の働きにより、身体の老化防止に効果的で子宮、卵巣機能の低下を防止し、卵子の質の向上が期待でき、妊娠力を上げる方法としておすすめのハーブティーです。

 

 

 

ハーブティーを飲むことで、妊娠力を上げる方法以外に、リラックス効果がありますので、妊活で疲れた身体を落ち着かせゆったりとした気持ちでコウノトリを待ちましょう。

 

こちらも要チェック!!

妊娠力を高めるマカサプリ決定版!はぐマカで妊娠した体験談

 

 

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連記事はありません

Menu

HOME

TOP