妊娠力アップにつながる漢方『当帰芍薬散』!不妊に対する効果は?

 

妊活をしているとクリニックから漢方を処方されることが多いですが、妊娠力アップできる、子宝に恵まれる漢方はあるのでしょうか。

お薬を飲むのは抵抗あるけれど、漢方なら副作用も少なく、身体に優しいのではというイメージもあり、漢方を服用されている方が多くいらっしゃいます。

中にはクリニックで処方されず、自分自身で漢方医がいる病院や漢方に強い薬剤師がいる薬局にて漢方を処方していただいている方もいらっしゃいますね。

妊活をされている方にとってメジャーな漢方といえば当帰芍薬散

これは、血行促進し、冷え性、ホルモンバランスの乱れを整え、不妊だけでなく更年期障害の治療にも用いられる漢方で、冷え性で疲れやすい、虚弱体質の方に向いている漢方で、婦人科でよく用いられる漢方となります。

当帰芍薬散には、6種類の生薬、当帰(とうき)芍薬(しゃくやく)川芎(せんきゅう)蒼朮(そうじゅつ)沢瀉(たくしゃ)茯苓(ぶくりょう)が配合されています。

妊娠するためには、卵巣や子宮環境を整え、ホルモンバランスが整っていることが必要ですが、当帰芍薬散は身体の血流や水分のバランスを整え、巡りをよくしてくれる効果があります。

当帰芍薬散を服用することで、卵巣や子宮環境を整え、ホルモンバランスが整うことで、理想的な排卵促進が期待できます。

当帰芍薬散は不妊症の治療薬ではなく、妊娠しやすい健康的な身体作りをしてくれる漢方となります。

不妊の原因はそれぞれありますので、クリニックで検査を行い、原因を調べてから処方していただくことが必要です。

当帰芍薬散以外にも効果的な漢方があり、妊娠力アップを目指す妊活中の方は、妊娠力アップさせる漢方と身体の冷えやバランスを整える漢方を併用して飲むことで妊娠力アップにつながるでしょう。

生殖機能を向上させ、衰えや冷え性の予防、アンチエイジングに効果のある六味丸(ろくみがん)・八味地黄丸(はちみじおうがん)、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)といった身体の疲労回復に効果的な漢方を当帰芍薬散とともに服用することで妊娠力アップに効果があるでしょう。

個々の体質によって効果は異なりますが、不妊の原因のひとつとなる生理不順に悩まされていた私が、クリニックで処方された当帰芍薬散を飲み続けて半年で不順だった生理周期が整い、重かったPMS(月経前症候群)が改善されました。

副作用が少なく、身体に優しいイメージがある漢方ですが、少なからず副作用もありますので、自分自身で服用を判断せずに、主治医や漢方医に相談し、服用をするようにしましょう。

 

 

 

 

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連記事はありません

Menu

HOME

TOP